エピソード1:マッドマックス 怒りのデス・ロード最高!いや、再考!(後編)


今回は、主に『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』についてわちゃわちゃ論評しました。アクション映画として、そして傑作カルトムービーとして誉れの高いこの映画は、フェミニズムの論点からも称賛されました。そこを出発点として、様々な点から議論しました。
主なトピックス
-海外でのネットフリックス事情
-マックス=コメディアン?
-どこがフェミニスト映画なのか
-我々はモノではない・・・我々って誰?
-感動的な殴り合い
-赤と青の意味
-フェイスブックの原点はしょーもない
posted by bono57 at 22:02Comment(0)日記